ノートルダム大聖堂

スイス…ノートルダム大聖堂のステンドグラス。
とても綺麗ですね。
行ってみたくなりました。。。

美術館


ステンドグラス体験

新居訪問のはずが、すっかりステンドグラスに夢中になった私。
二階の寝室にあったティファニー調のランプも私の心を動かしました。
友人の最新作だそうです。
ゆりの花のデザインがとても可憐。
ショップで売っていてもおかしくないほどの完成度です。
子どものいない日中、ステンドグラス教室に通い、
作品が完成したときの喜びは、格別だよ〜と、
熱い想いを語ってくれました。
私も早速、ステンドグラス教室に通いま〜す!!

美術館めぐり
友人お勧めのステンドグラスの美術館は、
・那須ステンドグラス美術館…栃木県那須郡那須町高久丙1790
              рO287−76−7111
              info@nasu-proposemuseum.com               


・川奈ステンドグラス美術館…静岡県伊東市川奈1439−1
              рO557−44−4333
info@kawana-proposemuseum.com

早速ホームページにアクセスしてみました。
ステンドグラスはもちろんのこと、パイプオルガンの演奏も興味津々。
まさに五感で楽しむ美術館です。
きっと、時間がゆっくりと流れているんでしょうね。
こころを癒しに訪れてみたいです。

いろいろな場所で

なつかしのパリ

あっ!!これ知ってる〜!!
素直に嬉しかった〜。
それは、独身時代に友人とフランスを旅行した時に訪れたノートルダム寺院。
海外旅行が毎年恒例だったなつかしのバブル時代。
パリも何度か訪れましたが、ノートルダム寺院に足を運んだのは、
たぶん一回だけだったような気がします。
決してつまらなかったとか、そういう理由ではなく、
ただ単に目的が違ったというか…、
史跡めぐりよりショッピング♪
つまり、当時は、花より団子でした…。


ノートルダムのステンドグラス

思い出しました。
ゴシック建築の代表である…たしかその程度の知識でしかなかった私。
本物のノートルダム寺院を目の当たりにして、
その迫力に圧倒されたのを覚えています。
正面入り口の上、寺院のほぼ中央の南側、その北側。
3つの大きなバラ窓のステンドグラスは
覆いかぶさってきそうで、
言葉をうしなってしまった私でした。
バラの直径は10メートルだそうです。
そして、北のバラ窓をみると、何年か後に必ずパリへ戻って来るという言い伝え。
ショッピング目的ではなく、バラ窓を
この目でしっかりと見に行ってみたいと思いました。

図書館にて

図書館のステンドグラス

会ってなかった時間など全く感じさせないくらい、
次から次へ、話題は尽きません。
そういえば、大学の図書館にも大きなステンドグラスがあったよねぇ。
10年…いや、15年前に時計は一気に逆戻り。
クリスチャンではないけど、入学した大学はミッション系。
よくある話ですよね。
聖書にも賛美歌にも興味をもつことなく卒業してしまいましたが、
図書館にあった大きなステンドグラスだけは今でもはっきり思い出せます。
優しい光がシャワーのようにふりそそぎ、神秘的な空間が広がっていました。
その柔らかな光につつまれると、なんだか安心感をおぼえるほどでした。


ステンドグラスの本

本棚にはステンドグラスの本も並んでいました。
ヨーロッパの教会とステンドグラス・世界のステンドグラス文化図鑑・
伝統に学ぶステンドグラス、などなど。
眺めているだけで、目の保養になります。
やはり、教会などキリスト教に関係あるものが多いようです。
長い歴史があるんですね。
パラパラとページをめくっていたら、見覚えのあるステンドグラスを発見!!

まるで・・・美術館!

ステンドグラス?

玄関のドアで思わず立ち止まった私。
明り取りのため、すりガラスがはめ込まれてあるドアは見たことあるけど、
…これって、ステンドグラス???
きれ〜い。
友人に言われるまま、玄関に入って、ドアを閉め、中から見てみました。
ステンドグラスを通じて入ってきた光が玄関に広がり、
やわらかな幻想的な空間が創りだされていました。
素敵…。
自分でデザインした原画を工房に持ち込み、作ってもらったそうです。
そんな才能があったなんて…すごい。
「誰にでもできるよ。ステンドグラス教室って結構あちこちにあるから。」と、友人。
玄関ドアのような大掛かりなものになると素人には難しいけれど、
ランプや写真立てやウェルカムボードやアクセサリーなどの小物ならば、
ステンドグラス教室で可能だそうです。


まるで美術館…

廊下を進みリビングへ。
新築の木の香りに包まれた、明るく開放的なリビング。
ありました、ありました!
結婚式の写真、こどもの成長記録写真。
それより目を引いたのが、写真立てです。
もちろんステンドグラス。
友人の作品です。
ウエディングのはグリーン系、お姉ちゃんのはピンク系、
そして弟くんのはブルー系のガラスでコーディネート。
ひたすら感心する私。

アンティークな・・・


お久しぶり〜!!

学生時代の友人から『引っ越しましたハガキ』が届きました。
それまでは賃貸マンション住まいだったけれど、
どうやら郊外に一戸建てを構えたみたいです。
いいな〜!!
正直言って、とてもとても羨ましいです。
この春から、上の子が小学校に入学したはず…。
それに合わせて、環境を整えたのでしょうね。
とても大きな買い物。
一大決心です。
我が家も、そろそろ真剣に考えなくては!!


新居 拝見

出産後、互いに育児に追われる毎日。
メールのやりとりはちょくちょくしてたけど、
なかなか会えずにいました。
友人の新居までは、高速道路で1時間くらいかな。
気候もいいし、思いきってドライブがてら行ってみました。
ナビのおかげで迷うことなく無事に到着。
気分はまるで渡辺篤史!!
「建もの探訪」のはじまりはじまり〜♪


ドキドキ!!

小田和正のテーマソングが頭の中で流れっぱなしの私。
このドキドキ感は、渡辺篤史をはるかに超えているはず!!
ハーブを中心にアレンジされたエントランスへ続くフランス風の庭。
アンティークなテーブルとイスも素敵。
「後で庭でお茶しようね。」と、友人。
そして、いよいよ玄関へ…。